ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「それでも ボクは やっていない」 
2007.01.21.Sun [ 映画
「Shall we dance?」周防監督の『それでもボクはやっていない』を観てきました。

コメディ色はほとんどなく、ドキュメンタリーと言ってもよいほどリアルに作り込まれた、硬派な一作でした。

端的に言えば「痴漢冤罪」の話です。
「やっていないのだから、無実なのだから、罪になるはずがない」
それが通じない、日本の裁判制度の現実。
あくまで丁寧に、わかりやすく。それでいて情感豊かで、主人公に母親に友人に弁護士に裁判官に感情移入出来るよう、一人ひとりが生きた人間として描かれていました。

記事を読んでも、怒りと「このままではいけない」という真摯な思いが伝わってくるような・・・

2009年から導入される裁判員制度、順当にいけば私も2・3回は参加することになる計算になります。
「裁判って、よくわからない」と不安になる方なら、観て損はないかと。

ただ、本当に硬派で考えさせられる作品なので、重い雰囲気になることも確か。デートで行くのはあまりお勧め出来ません(笑)

たまたまなのですが、
ぼくは痴漢じゃない!―冤罪事件643日の記録 ぼくは痴漢じゃない!―冤罪事件643日の記録
鈴木 健夫 (2004/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

↑これを読んでいたので、「うわー!読んだそのままだ!!」と思いながら見ていました。映画を観に行くまでは・・・という方にはこの一冊もオススメです。

「話を聞くだけだから」と連れて行かれたら逮捕だった。
『やったと認めたら、罰金だけで即釈放』・・・なのに『やっていない』からこそ否認し続けていたら、何百万の保釈金と裁判費用がかかってあげくに有罪。
そんなことがざらにあるのが、有罪率99.9%の痴漢事件。
これを読んだら、男性は恐ろしくて満員電車に乗れないのでは・・・?と思いました。裁判制度改善を待つ前に個人の注意が必要ですね(/_<。)
それでも防ぎきれないかもしれないのが、恐ろしいわけですが。

女性専用車両も、女性の為だけにあるわけではないのだな。と実感いたしました。

ただ、『こんな凶悪犯罪がこれだけで許されて良いのか』という逆の問題点もあるのも事実。飲酒運転・ひき逃げ事件然り。

日本で「裁判」をテーマにした映画は(少なくともアメリカなんかよりは)少ないと思うのですが、その中でも

39-刑法第三十九条- 39-刑法第三十九条-
鈴木京香 (2002/08/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


は印象に残っています。こちらは裁判メインというよりサスペンス仕立てでしたが。
(*「心身喪失者の行為はこれを罰しない」という39条条文を抜け道に罪を免れた犯人をどう裁くのか。というのがテーマ。)

何はともあれ、ずがーんと考えさせてくれる作品でした。
おかしいなぁ・・・『大奥』見るはずだったのに(笑)
スポンサーサイト映画「それでも ボクは やっていない」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト映画「それでも ボクは やっていない」へのトラックバック
スポンサーサイト映画「それでも ボクは やっていない」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈴木京香鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、宮城県仙台市生まれ、宮城県富谷町出身の女優。宮城県泉高等学校、東北学院大学経済学部商学科卒。身長1
2007.01.23.Tue .No626 / なおの部屋 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。