ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金色のコルダ #18「傷心のパルティータ」 
2007.02.11.Sun [ 金色のコルダ
演奏中に弦が切れて、そのまま舞台を去る香穂子。
果たして、第3セレクションの行方は・・・!?

***

香穂子のあせりや苛立ちが強すぎて、ヴァイオリンが壊れてしまったらしいです。
なんか押し付けがましいヴァイオリンだなぁ・・・!

音楽を愛し、心から楽しめば軽やかに鳴る。というのはなんとなくイメージとして沸くわけですが、何も壊れなくても。

正にツンデレ!ツンデレヴァイオリンですよ!!

「私にはヴァイオリンを弾く資格なんてない」
と落ち込み、ごめんねと謝る香穂子ですが・・・・

私だったら、「こちらから願い下げだぜ!!」と中指をおっ立てそうな気がします。ごめん、心が汚れてるからもう。
『音楽を心から愛しているなら鳴ってあげてもよくてよ』という魔法のヴァイオリンを渡されても3秒で壊しますきっと(確信)

というわけで、『練習量に耐えられない』というゲームの設定の方が好きだなぁ私は。長い前振りでした。

香穂子可哀想・・・(/_<。)

***

そして、香穂子の次の演奏者・柚木様は・・・

思わず本気で吹いちゃいました・・・!!!

黒いオーラが立ち上っているよ~O(≧▽≦)O
きっとゲーム内だったら鬼火が舞っているところですね♪

他の出場者が香穂子に振り回されていると感じながらも、自分もしっかり思い出していましたよ。

そして明らかになる柚木の事情。
末の弟が兄を越えてはいけないということで、常に自分をコントロールしてきた柚木。
しかしそれで自由かと言えばそうでもなく、将来は柚木の家をサポートすべくレールが敷かれている。
「退屈な人生だね」
ってそうそう。そこで大人しくしてるなんて、柚木じゃないぜ!

コンクール途中で留学・・・するはずないので、どういう断り方をするのか楽しみ♪

「あいつと会ってから調子が狂う・・・日野、香穂子」
『日野』よりも『香穂子』に重点が置かれている呼び方に萌えましたvv

***

火原センパイは、自分のことでいっぱいいっぱいで、香穂子の様子に気付けなかったことに落ち込んでいます。

いい人だなぁ・・・(じんわり)

しかし心なしか、良い所は他の人にとられているように思われ。
頑張れ火原っち。

***

それにしてもれんれんのお母さんは美人だ!

そして
「あの子も、恋のひとつもすれば・・・」
の一言で、しっかり息子を揺さぶります。

「恋」という言葉で、脳裏に香穂子の姿がよぎる月森。
ええええーーーマヂですか!?

***

最後は土浦。
しっかりと腕を掴む様に悶えた・・・_| ̄|○

普通に「アクシデントだったんだ。気持ちを切り替えて」と助言できるところが、土浦って良い男だなぁと思う所以であります。
常識人なのよね。

それでいて、「辞める」と言い出した香穂子の肩を揺さぶったり

「関係なくねぇよ!お前がいたから俺は・・・!!!」

と思わず叫び、やり場のない怒りをぶつけるように鞄を地面に投げつける熱さがまたタマランのですーーーO(≧▽≦)O

やっぱり土浦が良いなぁ私はv←聞いてません。

しかし、あまりにも青春色が出すぎて

「サッカー部に戻るつもりなら、コンクールは辞退しろ。コンクールに出るのなら、サッカー部は退部しろ」

と言う部長が出てくると、一気に「いやーそりゃないでしょ。そんな権限ないでしょ」と現実に引き戻されるのも事実。

こんな俺に、日野を責める資格はあるのか。
って・・・暗~い雰囲気になってきましたが大丈夫ですかね!?

次回、「亡くした心のパヴァーヌ」・・・毎回、サブタイトルがいかにもで好きだわ~vv
テーマ:金色のコルダ - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイト金色のコルダ #18「傷心のパルティータ」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト金色のコルダ #18「傷心のパルティータ」へのトラックバック
スポンサーサイト金色のコルダ #18「傷心のパルティータ」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。