ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス #17『騎士』 
2007.02.16.Fri [ コードギアス
「騎士」というタイトルで、スザクがついにユーフェミアの騎士になるのね。と単純に思ったわけですが、それだけじゃなかった。
ルルーシュのスザクをナナリーの騎士にしたかったという思惑を絡めて、それがガラガラと音を立てて崩れていく所まで一気に描かれているのが、相変わらずスピード感があって面白いと思いました。

藤堂も、「騎士」ならぬ「武士」っぷりを発揮していましたし、タイトル上手いなぁ。

つか、ルルーシュは上手くいって「おっしゃー計算通り!」と調子に乗ったところでつき崩されて愕然とすることが多いですね(笑)

以下、続きます。
■スザクとルルーシュ

スザクの過去を知っても、ルルーシュのスザクへの信頼は揺らがない。
むしろ、異母兄を手にかけた自分の痛みを重ね、彼により一層心を寄せているようです。

んでも、ルルーシュはあくまで自分の目的の為に敢えてクロヴィスを殺したわけで、幼く追い詰められた状況で「殺してしまった」スザクとは少し違う気もしますが。

あの状況で、ルルーシュに「ありがとう」と言えてしまうスザク、やはり精神的にもタフだなと感じました。

つか、モデルする時、最初からスザクの方向いておけば良いのにルルーシューーー!!(笑)


■シャーリーの記憶

そして、モデルとなったルルーシュの顔を描くことが出来ないシャーリー。
机の間に落ちていた丸められた手紙は・・・・あの時のですよねそりゃ!!

シャーリーの記憶、戻ることになりそうです。
もしかして、ヴィレッタと対比?


■ヴィレッタと扇

で、そのヴィレッタさんと言えばですね・・・

タコさんウインナー!!!!!!!

コレですよ!!(≧∇≦)
うっわーラブラブだ。扇の照れっぷりが、新婚さんにしか見えないよ(笑)

顔出しをしないでこれだけのインパクトを与えるだなんてスゴイですヴィレッタヽ(*⌒∇⌒)ノ::・'゜


■藤堂と四聖剣

そんな幸福感に浸る扇の元に、四聖剣がやって来て協力を要請。
先々週にちらりと出てきた藤堂伏線でしたが、どうやら彼らを逃がす為に藤堂一人が捕虜になった模様。

以前から藤堂を仲間に引き入れたいと思っていたのでしょう。
ルルーシュはもちろんこれを快諾。
念願のコマが2つ揃う・・・って、もうひとつはラクシャータで良いのかな?

「藤堂さんがいるところが、俺の居場所ですから」
↑注目株の良い眼鏡がキましたー!!!おっしゃO(≧▽≦)O


■スザクとナナリー

か、可愛い・・・!!!!!
「カエルって、クローククロークのカエルですか?」
「日本だとケロケロだけどね」
って、なんて和むんだこの二人・・・・!!_| ̄|○

そしてルルーシュは、自分がいない時、ナナリーを守る騎士としてスザクをこちら側に引き入れたいと考える。
それは、スザクにとっても生きる意味となるはず・・・ってなるほど確かに。

スザクとナナリーを見ていると、守ってあげて欲しいなぁ。と素直に思いました。
あーんもう、良い所なのにセシルさん邪魔ーーって(笑)


■ユーフェミアの迷い

しかし、スザクはユーフェミアにとられてしまうのね!
いやいや、当然の展開なわけですが。

ユフィは、もっと強気で色々と推し進める子かと思ったのですが(ピンクの先入観)思ったよりも普通の少女で、かなり丁寧に弱さや迷いが描かれていました。

自分の好みで選んだ絵がイレブンの血の入った画家のもので選外。という時、「そんなことは関係ありません!」と突っぱねるのでもなければ、「私には力がないから仕方ない」と堪えるのでもない。

「だったら最初から入れなければいいのに・・・」
とナチュラルに思うあたり、あくまでブリタニアの皇族であり彼女自身も差別的な意識から無縁ではないんですね。

政治の面でも、お飾り的存在。
騎士も、家柄の確かな者の中から選ばなくてはならない。

そんな彼女が、スザクの戦う姿を目の当たりにして、一歩を踏み出す。
単に「私の騎士、絶対スザクにしますわ!!」みたいな展開じゃなかったので、ほっとしましたし好感持てました。


■ラクシャータ、登場!

名前のみ出てきていたラクシャータ、ついに登場。
ビジュアル的にも好みなんですが、けだるそうな声や、煙管でボタンを押す動作のお茶目さも良い感じです。

「本当にこんなんで、連動性が上がるんですか?」
「上がんないわよぉ。生存率が上がるの♪」

・・・うん、素敵v


■ルルーシュと藤堂

藤堂救出作戦、開始。

「一度は捨てた命だ、惜しくはない」
「ならばその命、私がもらおう!!」

来る来るとは思ったけど、やっぱり熱いですね!

主君を失い、最早惜しむ命ではないと覚悟を決める藤堂。
しかし、ルルーシュは最後まであがけと言う。

奇跡という夢を見せた者は、その夢から覚まさせるか、夢を現実のものとするか・・・いずれにせよ一人舞台から降りることなど許されないのだと突きつける。

勝手な言葉だけれど、説得力あり・・・なのは、藤堂がその言葉を望んでいた、受け止める強さがあるからこそですね。きっと。
武士道って、厄介だなぁと思うけれどやっぱり格好良い。
『筋』があるといくらでも強くなれるタイプなんだと思うな、藤堂は。


■藤堂とスザク

そっか。面識があってもおかしくはないですねこの二人。
震えるスザクが痛々しい・・・

さて。
ランスロットの動きを分析したルルーシュは、四聖剣とカレン・そして藤堂に指示を出してスザクを追い詰めることに成功。

藤堂の武器がランスロットの上部を切り裂き、乗っていたスザクの姿が剥き出しに・・・

うわーーーー!!こっちが先か!!!!←ゼロの正体バレと同時かと思っていました。

ショックを受ける、一同。
そのまま藤堂と対峙する、スザク。

「筋を曲げてまで生き延びたいんですか!?」
「失望したか?なら私を処刑したまえ!」


あ。『筋』出てきた!・・・曲げてはいないんですよね、筋。
しっかり立ち直ってニヤリと笑う藤堂、わかりやすくタフでイイなv

「なら君はその道を行け!」
なんてこう・・・体育会系ノリですなんだか(笑)

スザクもまた「はいっ!」って笑顔だし。
ルルーシュの繊細さが可哀想にさえ見えますね(>▽<;;

ちなみに、スザクは口で何と言いつつナナリーとルルーシュの為には意外とあっさり『筋』を曲げる気がします。それでもキッチリ、開き直れそう。
「ゼロの正体がルルーシュ」だということへの反応とは別問題として、彼らの『命』を守る為には身体が先に動いてしまうんじゃないかと思いますよ。


■そして再び、スザクとルルーシュ

ルルーシュの方がダメージが大きいだろうとは思いましたが、ここまでとは。
カレンも動揺していましたが、彼女はゼロという大きな存在に精神的には頼り切っているからなぁ・・・ある意味、立ち直りは早い。指示に従う覚悟は出来てます。

しかしルルーシュは、動揺したまま。
敵の増援、この場のルルーシュにはむしろ援軍でしたねσ(^_^;)

「だが俺は勝つ!敵が誰であろうとも」

という次回予告に、「まだ無理なんでは?もうちょっと心の整理しないと」とつっこんでしまいました(笑)

と思ったら、正に「心の整理」ならぬ「総集編」のようですね(>▽<;;
うーん、良い所で続きが気になります!!


コードギアス 反逆のルルーシュ 2 コードギアス 反逆のルルーシュ 2
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
モザイクカケラ モザイクカケラ
SunSet Swish (2007/02/28)
SE

この商品の詳細を見る
スポンサーサイトコードギアス #17『騎士』へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトコードギアス #17『騎士』へのトラックバック
スポンサーサイトコードギアス #17『騎士』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ブリタニアの少年、ルルーシュは、 2つの道を持っている。 1つは、母の仇を捜す、過去への道。 もう1つは妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るための、 未来への道。 ルルーシュが過去と未来を見据えたとき、 彼だけが選べる現在の道は、 ....
2007.02.16.Fri .No674 / 月の静寂、星の歌 / PAGE TOP△

サブタイトル「騎士」  ブリタニア軍に捕らえられた藤堂の奪還作戦が始まる。  新型ナイトメアが、ついにランスロットに一矢報いるが...
2007.02.16.Fri .No676 / オヤジもハマる☆現代アニメ / PAGE TOP△

コードギアス反逆のルルーシュの第17.5話を見ました。小学生の日って何だろ!?半袖半ズボンでランドセルをルル達が背負うのかな!?オレンジデーも気になる。Stage17.5 仮面の真実『ブリタニアには母がいた、家臣がいた、学友がいた。しかし、友達はいなかった。だから、ス...
2007.02.22.Thu .No688 / MAGI☆の日記 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。