ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バブルへGO!! ~タイムマシンはドラム式~ 
2007.02.19.Mon [ 映画
映画「バブルへGO!! ~タイムマシンはドラム式~」(*公式サイト)を観てきました。

あの頃は、夢のような時代が永遠に続くと思っていた―――

2007年現在。
財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路功(阿部寛)は、日本経済の崩壊を約2年後と予測。それを防ぐべく、ある計画を進めていた。

それは、タイムマシンを使って17年前に遡り、バブル崩壊を防ぐというもの。死んだと思った母・真理子(薬師丸ひろ子)が実は過去に行ったまま行方不明だということを知った真弓(広末涼子)は下川路の申し出を受け入れ、タイムマシンに乗り込むことを決意するが・・・



うっわー!懐かしい!!!!
と、当時田舎の小学生だった私でも思う曲や場面がいっぱい。

年齢層も、比較的高めだった気がします。
「鉄骨娘」のCMで会場がどよめいた(笑)

バブルってどんなんだったの?
と、振り返る時代になったんだなぁと思うと感慨深いですね。

「バブルって、最っ高~~~!!」
と叫ぶ気持ちもわかりつつ。

ああでも、やっぱりそりゃないよな日本人。
上手くいっている時って、人間傲慢になっちゃうものかしら?
と思ったり。

色々考えさせられる部分もありつつ、時代のギャップの面白味やタイムスリップもののお約束は押さえられていて、しっかり楽しめるコメディでした。

阿部ちゃんは格好良いし、広末は可愛い。文句なく。

ただ、映画としての完成度で言うと、去年見た数作の方が上だなと思った。
有体に言えば、これならばDVDで見ても良い。DVDを家で家族や友達と見たら、確実に楽しめるだろうなぁ。と思う作品でした。レンタルでどぞ!←えー。

景気が上向いてきたぞ!という時だからこそ(実感はしにくいですが、確かに土地の価格は上昇傾向)戒めの為にも(笑)見てみると楽しいかもしれません。

でもまぁ、自分に照らし合わせてみてもあぶく銭ほど嬉しくて普段使わないことに好きに使えるものはないんですがね。
ああー!宝くじ当たんないかな!!(本音)
スポンサーサイトバブルへGO!! ~タイムマシンはドラム式~へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトバブルへGO!! ~タイムマシンはドラム式~へのトラックバック
スポンサーサイトバブルへGO!! ~タイムマシンはドラム式~のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりに映画館に行きました。『バブルへGO』懐かしいバブル時代を思い出させる映画でした。脚本、君塚良一さんって「踊る大捜査戦」を書いた人ですね。よくあの頃はこうだった・・・っていう番組でジュリアナを代表とする羽根扇子をヒラヒラしながら踊る様子が取....
2007.02.21.Wed .No684 / Feminのいっぽいっぽ / PAGE TOP△

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式   公式HP   詳細@yahoo映画 早くも(?)地上波で放送されてたので初鑑賞 ちなみにこの日に観た映画はコレで7本目 それにしても、このサブタイトルのダサさはどうにかならないもんかね? ちょっと口にす...
2008.02.19.Tue .No857 / ミーガと映画と… -Have a good movie- / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。