ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーストハント 「呪いの家」#1 
2007.03.16.Fri [ アニメ雑感
実は、文庫版漫画にてこのエピソード読んでしまいました。
うう。ちょっと面白さ半減σ(^_^;)

しかーも、作画がびみょう~!!!

がしかし、ナルが動けない=ぼーさんが意外とリーダーシップをとるという流れなのでちょっとにんまりしました。
やるときゃやる男なのよー!!

やるときゃやる人が、もう一人なわけでその辺りも楽しみなわけですがヾ(〃^∇^)ノ

しかしこの一連の事件のオチ、あまり納得がいかなかったので原作を読みたい気持ちがひしひしと沸きあがりました。
冒頭の、「この馬鹿な子は地獄に落ちる」もなんだかなぁ・・・改めて見ても納得いかない。

しかし、原作を密林さんのマーケットプレイスで見たら5000円~10000円強が相場だったのでおっそろしくなりました。
そりゃどう考えても法外だわσ(^_^;)
ブクオフとかで探したら、意外とぽっと置いてあるかもしれないですね。
・・・再版してくれたら問題ないのになぁ。
改題して文庫で出してよ~と思うのは私だけじゃないはずなんですが、どの辺りが難しいのか出版関係じゃない私にはさっぱりわかりません。

「地球へ・・・」も新装版発売ということで、アニメ化に合わせて再版はセオリーという気もするんだけど。

***

とりあえず、「夢の中のナル」正体がわかるまでやって欲しいとは思うのですが・・・どこで最終回なのかしら。

ゴーストハント 5 (5) ゴーストハント 5 (5)
いなだ 詩穂、小野 不由美 他 (2007/02)
講談社

この商品の詳細を見る

このエピソードが入った最新刊。
スポンサーサイトゴーストハント 「呪いの家」#1へのコメント
--はじめまして--

はじめまして。
本ブログの新着からやってきました。
私は漫画しか読んでないのですが
これの一連のオチは確かに少々あれですよね。
と、原作小説はそんなことになってるんですね。
ちょっと驚きました。

- from シン@偽哲学者 -

-->シンさん--

初めまして、ご来訪ありがとうございます!

私も漫画でしか読んでいないので、流れの中で「ん?あれはどうなったんだ??」と足りなく感じるときがあるのですよね。

小野不由美さん大好きでもあるので、できれば原作は読みたいのですが・・・入手はなかなか厳しそうですねσ(^_^;)
ほんと、びっくりです(笑)

- from 水瀬 涼 -

--ふっふっふ--

こんばんは、こちらではお久しぶりです。
小野さんの原作本、読んでますよ~(^-^)
何年か前にヤフオクで入手したんですが、その頃もやっぱり高かったです。確か全巻まとめて5000円くらいだったような・・・。でも今よりはまだいいんでしょうね。

で、両方読んでいる読者としては、いなださんはかなり忠実に漫画化しているので、原作とそんなにギャップはないと思いますよ。けっこう細かい伏線とかもしっかり自然なかたちで入れていたりするので、うまいなぁと感心します。
ブクオフで出会えるといいですね。

- from 高 -

-->高さん--

こんにちは~!
密林さんはマーケットプレイスについてはよくわからない値段がついていることが多い気がします(笑)

ヤフオクで全巻5000円・・・安い!!と思ってしまいました。
ちなみに5000円~12000円は一冊の値段・・・恐ろしいですねぇ(^_^;)

原作本、読まれているのですね!
そっかぁ、忠実に漫画化されているなんて嬉しいですねv
気長に漫画版の続きを待つのもいいかもしれません。

確か「黒祠の島」の時も、推理小説としては引っかかるところが色々あったので、原作を読んでも「ん?」と思うところはあるのかもしれませんね。

ホラー描写が緻密でとっても怖い!ということだったので原作も読んでみたいのですが・・・
ブクオフ、ぽろっと置いてあったりしそうなので気長に探してみます♪

- from 水瀬 -

----

またまたお邪魔します。
>ホラー描写が緻密でとっても怖い!ということだったので
うーん、実際とっても怖いんですよ。でもそれよりも、原作読むと、小野さんの書きたかったものと、出版社が書かせたかったものとの折り合いを一生懸命つけようとしている様が目に見えるようで面白いかもしれません。
何と言ったって、全盛期のティーンズハート文庫ですから。小野氏があんな訳の分からんタイトルをつけていたことからも想像できるでしょうが、その辺りが復刊されない理由なのかなぁ、なんて邪推しています。
そこまでキャピキャピしていない『過ぎる十七の春』とか『緑の我が家』は復刊されてますからね。

- from 高 -

-->高さん--

こんばんは~コメントありがとうございますv

>書きたかったものと、出版社が書かせたかったものとの折り合いを一生懸命つけようとしている

うわぁ、確かに!!(笑)
私も小学生時に花井愛子→折原みとをバッチリ読んでライトノベルに入った世代なので、その頃読んでいたら「騙されたー!」と半泣きになっていたかもしれません。
『一人称=あたし』の世界ですもんねぇ。
やはり復刊は難しいのかな・・・?

しかし、漫画もまだ完結していないようなので続きが気になりますσ(^_^;)
最後までやってくれるのか??
ナルの正体が気になるんですよねぇ・・・「血塗られた」で紅茶出してくれたりとなんとなくわかる気もするんですが。

>『過ぎる十七の春』とか『緑の我が家』
そう!こちらは「十二国記」にはまった辺りで手に入れました♪
悪霊シリーズも、その頃手に入れればよかったんですよね・・・うーん、残念!!

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトゴーストハント 「呪いの家」#1へのトラックバック
スポンサーサイトゴーストハント 「呪いの家」#1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。