FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
ジャンプ22・23号感想 
2007.05.04.Fri [ ジャンプ感想
土曜日に出てるのをすっかり忘れていたGW合併号の感想をば。
■ONE PIECE

ナミさん、上手いっっ!!!(笑)

実は男なのよ!で相手の気勢を削ぎ、
あなたの恋、応援するわでぐっと気を引き付け、
さりげなーくお宝情報までゲット。

完・璧・だ!!
思わず溜息がもれた・・・・

テンポ感も抜群で、ぎゃはぎゃは笑ってしまいましたよ。

蜘蛛の巣にかかったロビンは卑猥だ。
ブルックさんの剣術、あのサムライと関係あるんですかいね。


■NARUTO

おおっと、ここで君麻呂が出てくるとはー!
重吾はとりあえず、大蛇丸はどうでも良くて君麻呂命なのでしょうか。
君麻呂が命を賭けて連れてきたから、それだけでサスケに心許しちゃうんでしょうか。

たぶんこれ、感動するポイントなんだと思うけどイマイチ共感できなかったよ重吾。・・・君麻呂が唐突に出てきたからかな?
「自分を止めてくれる人には心酔」というだけなら、シンプルでわかりやすいんだけど。

でもって、木ノ葉の里。
サスケは自分から出て行ったんであって、大蛇丸に縛り付けられていたわけでもなんでもなく、しかも利用するだけして大蛇丸を見事倒してしまった(現段階)わけですから、戻ってくるはずがないのですが、そこを認識していないのが読んでいて痛々しい。

子ども達が諦めきれないのはまだしも、大人がばしっと現実をつきつける場面があってもいいんじゃないかなぁという気がする。
その上で、「それでも信じたい」「それでも諦めない」というのならまだ心情的についていけるのだけれどなぁ。

決意イベントは、まだ先送りということなのかな。


■BLEACH

本編の流れとはあんまり関係ないんですが。

織姫の顔が痛そうー。

こういうの、前にもあったよなぁ!
久保先生は女性にも容赦がないというより、こういうの好きなんじゃ?とふと思ってしまいました。
エグいですよね一言で言うと。
女性でお腹ヤラれると子宮がーーー!と思うし、足もなぁ…ちょっと気持ち悪くなっちゃった。

石田&ペッシェ組は絶好調ですね!!お笑いコンビとして(…)
ペッシェが喋って石田くんがツッコむだけで笑えます。
ドントチャッカは負けてるよーボケ担当としてーーー!!
この際、恋次がボケてドントチャッカがツッコむしかないね。

って、恋次の姿は見えませんが!


■リボーン

ああああ。リボーンの感想、これでもかっていうほど書いたのに消してしまった・・・大ショック。

とりあえず、ツナお姫様抱っこかー!これじゃ京子ちゃんも揺らぐかも?とか、無意識に女子供を庇う山本良いな!とか、それを見て微笑む獄寺がやたら格好良いとか、そういうことをハイテンションで書いてましたよ(もう戻れないあのテンションには)

炎をリングに宿すのは「変・身!」ってかんじで燃えますね(not萌え)


■アイシールド21

「・・・と、言うと思ったかい?」
「って、言うと思ったか?」
の応酬。

ヒル魔よりむしろ、高見の方があくどい表情なのにドキドキしました(笑)

どこまで騙しあうんだ~とハラハラしていたら、最後はモン太が締めたのが熱い。

自殺点で呆然とする高見の姿にはちょっと笑ってしまいました(笑うところじゃないよ)


■銀魂

ぎゃーー!!!

「死んじまいなァ」

の沖田がイっちゃっててやたら格好良い。ときめいた。
何そのちっちゃい「ァ」!!←そこかよ。

「ナメック星にヤムチャ氏を一人で送る」
「あえて言おうカスであると!」
に爆笑しつつ、

結局、沖田も土方も結局は近藤がいるから行動を共にしている。
「あんたは真選組の魂だ」
って言い切るシーンは、そう来るだろうとわかってるからこその爽快感があったなぁ。じーんときた。

そこからさらにギャグで落としていくのがまた、らしくて良いなと。
剣抜けない土方、やけに可愛いんですが(笑)

銀魂って、笑わせていると思ったら最後に締めたり、イイ事言ったら恥ずかしくて自分で壊しちゃったり。みたいな作風自体が照れ屋な男の子っぽくてキュンと来るよなぁ。

そのギャップが女心を掴むんだと思う(真顔)


■D.Gray-man

イノセンスとのシンクロ率が100を超えた者が「臨界者」・・・新たな「元帥」になれるエクソシスト。

・・・って、えええーーーーー!!!??

すごい!!
と思う前に、元帥ってさっくりティキにやられてなかったっけ?と思い浮かんでしまいました。
たぶん続けて読んでる人の大半はそう思ったハズ(笑)

「元帥」=強いっていうイメージ全くないよ!!!!(きっぱりと)

うーんでもまぁ、「元帥」は人格・経験・実力・能力の特殊性は無視して「シンクロ率」を一番重視して選んでるんだよ。と言われたらある意味納得するかもしれない。


■エム×ゼロ

九澄は肉弾戦に強いというよりも、「口が達者だな」という印象のが強くなってきた気がします(笑)

ワンピースにいたら、「戦わないで戦闘回避」する人員だよ久澄。

個人的には、影沼をもっとフィーチャーして欲しいでっす。
だんだん美形になってないか!?


■ネウロ

ネウロって、なんでこんなにエロスを感じるんだろう。
と、真剣に考えてしまう今日この頃。

全裸を見ても「きゃ、えっちー!」
とは思わないのに、

サイが「HALの目」を使って洗脳しているシーンでは、
「うわっ、えっろー!」
と思ってしまうのですよね。

対男だったからじゃないよ(笑)
サイのこのシーンのこの構図は、相手が誰でもえろい。
相手がいかにも支配できなそうな体躯の人間というのは、ポイントなのかもしれないですが。

なんでだろう、サイは存在自体が空っぽで退廃的でえろい。
その分、他に向ける欲求が強いからでしょうか。
「突き刺して引き裂いてグチャグチャにかきまわしてやりなよ」
とか、意識的に使われてるよなぁ。

それを言うと、ネウロの謎に向ける食欲もなんだかえろいんですが。

・・・って、一体何度「えろ」って言えば気がすむんだ!!
でもきっと、みんな感じてると思うんですよね。
爽やかに言いきれない、何ともいえない淫靡さがあるというか。

ああでも、うきうきピクニック仕様のネウロ可愛かったーvv
吾代は迎えに来るの決定なんだ・・・弥子とネウロは当然のごとく1泊なのに自分も泊るっていう選択肢はないんだ!!


■ショルダータックル ヤスザキマン

あ。なんだか「寄生獣」を思い出しました。印象として。
切ないよーこれ!

怪人達がリアルで憎めない。
主人公可哀想。

それでいて、戦闘シーン・・・というかむしろ虐殺シーン?
主人公の力が圧倒的で怪人達が瞬殺されるシーンが迫力あってドキっとしました。
ああ、画力あるんだなぁと思った。


■サムライうさぎ

涙を隠すようにお面をしていた志乃・・・というのはわかっていたのに。

やっぱり涙シーンにはぐっときた!!
可愛いんだもんよー志乃ちゃん。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

志乃が健気で、伍助も志乃のことを心から心配していて・・・
二人がお互いを思いやる姿に毎回きゅんきゅん来てしまいますーv

最近のジャンプ、ラブ分は十二分に補給されている。

義兄の態度も、妹を思いやってのこと。
ということで来週が楽しみ。


■焼肉の王子様

すごいよ・・・

最後、肉がひゅーんと跳んで額に貼りついたら『脱落』!!

このコマの衝撃もさることながら、なんで脱落になるのかがさっぱりわからなくて放心状態に。

なんだかわからんがとにかくすごいと思った。
トング食いをする田仁志とか、肉を敷き詰める白石とか、比嘉の殺し屋とか、それなりに笑っていたのに最後どう笑いを収めていいのかわからなかったよ・・・

さすがだぜこのみん!


■P2!

うおー!扉ショタい(←何語?)ね!!

今まで余裕を持ったキャラだった遊部が、焦って余裕ない・・・という展開は面白いなぁ。
きっちり、卓球のスタンダードな練習方法も出てきますし。

女顧問は何か理由があってああいう態度、ヒロム達の熱意にほだされ自分も真剣に指導を・・・という流れなのかなと思うのですが。
やる気はないのに色々口は挟んで上から目線というのは、読んでて微妙だな~!

早くその辺り(女顧問関連)は解決して欲しいかも。
王華戦もじりじり溜めておいて最後に爽快だったので、これからの展開に期待。


■もて王

うーん、すっごい面白いのにーーー!!!
打ち切り情報を耳にしてしまった・・・確かにこの引きは、そうなのかなぁ。
ジャンプ22・23号感想へのコメント
   非公開コメント  
ジャンプ22・23号感想へのトラックバック
ジャンプ22・23号感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.