ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオ×ジュリエット 第5幕「疾風~燃ゆる覚悟~」 
2007.05.16.Wed [ アニメ雑感
雨宿りに寄った小屋での思わぬ接触。
男装をしていたジュリエットだが、触れて欲しくないという言葉にロミオは深くを追求しない。
気恥ずかしさの中、再会を誓う二人。

だがその頃、街では赤い旋風を捕らえようとさらなる圧政が敷かれていた。

****

うううう。これはイラっとするーーーーー!!!!

思わぬ再会に舞い上がるジュリエット。
戒厳令を敷かれた街の様子。
それを知らせないようにするコンラッド達。
何も出来ないロミオ。

そりゃないよーーーーってうずうずしました。

ジュリエットは自分の素性を知らなかったわけだから、「赤い旋風」は完全に彼女個人の望みですよね・・・それはそれで良いと思うの。助けられた人がたくさんいて、皆の希望になってるわけだし。

しかしこれ、隠して育てている割には危ない橋渡ってる。
こうなるのが目に見えてるんだったら、コンラッド達はもうちっと本気で「赤い旋風」の行動をセーブすべきだったのでは??
もしも逆に、「赤い旋風」の求心力を利用してキャピュレット再興の力にしていくつもりでオーディンの行動を放置・協力してたんなら、街の現状を本人に知らせないのはすごく無責任だと思う。
知らせたら飛び出していくからいかんのなら、一緒にきっちり対策練るとかさー。
自分達で原因つくっといて、嵐が去るまで頭を低くして待ってるなんて酷いと思うのよ。

「貴族の息子にうつつを抜かす間は街に目を向けず、気が向いたら助ける・・・
俺達はそんなお姫様を守ってきたわけじゃない!!」

という言葉ではちょっとスッキリしたので、わざとイラっとさせる作りだったのだろうなぁとは思うのですがっ。
いや待て、コンラッドもキュリオもフランシスコも同罪だと思うぞー。ちょっと刺繍してたからって八つ当たりすんな!!と思ったのでした(笑)

しかも、この尻ぬぐいをするのがもしかして先生だなんてーーーーあんまりだよその展開は。

「あなたが命を賭ける場所はここではない。ネオヴェローナに、未来を」

うああああ先生ーーーーーー!!!!
上手いとは思うけど、それは嫌ーーーーーー!!!!。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第5幕「疾風~燃ゆる覚悟~」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第5幕「疾風~燃ゆる覚悟~」へのトラックバック
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第5幕「疾風~燃ゆる覚悟~」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。