ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオ×ジュリエット 第6幕「希望~託された明日~」 
2007.05.19.Sat [ アニメ雑感
「赤い旋風はここで消える。
だが、風はまた吹く。・・・必ずや新たなる風が、希望がやってくるだろう」

ランスロットは、オーディンの身代わりとなって燃えさかる炎へと飛び込んでいった。

防げなかった悲劇。
後悔に涙を流すジュリエットは、自らロミオに別れを告げる。

そして、モンタギューにより階級を剥奪され追放された市長一家が襲撃されるとの情報を耳にし、助けに向かうオーディン(ジュリエット)達。
危機に陥ったオーディンを救ったのは、黒い騎士。

果たして彼は、敵なのか味方なのか・・・?

***

うわーーーーん、先生がぁーーーーっっ。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

嫌な予感はしていたけど、あんまりじゃないか・・・

奥さんが悟りきっていて「風を吹かせてください。あの人はあなたの心の中で生きている・・・」なんて言うのがまた、痛々しいっす。

何はともあれ、これでジュリエットも覚悟を決めざるを得なくなったわけですね。
単なる仇討ちではなく、人々の希望として・・・
って、16歳の少女が負うにはあんまり重すぎる気もしますけどーーー(/_<。)

「もうあなたとは会えない。それは、私が本当の赤い旋風だから」
薄々、ジュリエット=赤い旋風じゃないかと気付いて心配していたロミオにも自分から別れを告げます。
そりゃまぁ、そうなるよな。

無理に敵の息子と思わず、さくっと父親暗殺して結婚すれば万々歳じゃないでしょーか。なんて思っちゃ駄目ですね!!(物騒な)

それにしても、ここまでやるか!ってな程ベタに主人公を追い込むな~。
モンタギューも清々しいほどに悪役です(笑)
このわかりやすさ、なんだか懐かしさすら感じる・・・

市民を思う市長さん(ペンヴォーリオ父)は貴族の資格を剥奪され、さらには襲撃の指令まで・・・ひ、ヒドいよモンタギュー。石井さんの声めーちゃーめーちゃー低いし。

ペンヴォーリオがまた、すごくイイ奴なんだーーーー!!
お父さん譲りですか??癒される・・・(//∇//(//∇//(//∇//)
ロミオは良い友達持ったね!!

これは助けてあげて!とお祈りしていたら、オーディンは剣を防いだものの体勢を崩して大ピンチ。

そこへ、ここぞとばかりに現れるティボルトーーーーー!!!

おおお格好良い。なんて王道な登場シーンヾ(〃^∇^)ノ

敵か味方か・・・って、原作だと親戚ですよねぇ。従兄弟だっけ??
その辺り、設定変わってるのか気になるところ。

とりあえず顔が一番好みなので次回が楽しみvv

ロミオ×ジュリエット  -1- ロミオ×ジュリエット -1-
TVアニメ (2007/07/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第6幕「希望~託された明日~」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第6幕「希望~託された明日~」へのトラックバック
スポンサーサイトロミオ×ジュリエット 第6幕「希望~託された明日~」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前回、自らが赤い疾風となって現れたお医者様でしたが、1つだけ心配してた事がありました。死体を見られれば偽者だとバレるのでは?と。ところが間違いで捕まった市民が開放された後でお医者様は・・「赤い疾風
2007.05.19.Sat .No710 / めもり~る~む / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。