ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパイダーマン3を観て来ました~! 
2007.05.19.Sat [ 映画
うーん、面白かったーーーーーーー!!!!!!O(≧▽≦)O

印象としては、主人公の内面・人間関係について突っ込まれていたり敵キャラが増えている分どうしても言葉足らずというか、展開が唐突に感じる部分もあり。この辺り、評価が分かれそう。

しかし、よくこれだけのものを詰め込んだなと驚く勢いがあり、アクションシーンの爽快さも相まって細部は気になりませんでした。
個人的には、文句なし。面白かったーーーーー!!

最近の傾向として、どうしても「続きそう」な感じがするのが気になりますが・・・(^^;)
これはこれで、キッチリ完結してるかと。

キャッチコピーは「自分との戦い」だそうですが、
テーマは、「復讐」と「赦し」だと思いました。

以下、完全にネタバレしているなぁというところは反転しますが、内容に触れていますのでご注意ください。





1・2もなんとなーくは地上波で見ていたのですが、映画館で見るとやっぱり迫力が違いますね!!

とにかく、空間を縦横無尽に飛び回るアクション・CGのスゴイことったら。
初っ端からハリーがスノボ(サーフィン)のように乗り物使って空中を飛び回るので、まるで空中でカーチェイスしているようでドキドキでした。

中盤からは、叔父さんを殺した真犯人・マルコが脱獄してある実験に巻き込まれ、全身が砂と化した「サンドマン」として登場。
これがまた迫力で。ここまで生生しく表現できるものなのねー!燃えるよコレは!!!!
砂なので、物理攻撃は勿論無効化。
さらには、砂と同化して巨大化したりするのですが・・・やはり「巨大さ=圧倒的な力」として具現化すると問答無用で震えがきます。
(*ちなみにマルコには病気の娘がいてその為にお金を必要としているという設定あり)

終盤に出てくる「ヴェノム」は、どうやら原作での人気敵キャラらしいのですが・・・この映画では、ちょっとそれ逆恨みにも程があるよ!という小物っぽさが前面に出てしまっている気がします。
あんまり強そうでもなかったよ~残念。

そしてこれらの敵達との戦いにプラスして、MJとのすれ違い。さらには自分自身との戦いが横軸に入ってきます。
黒スパイダーに黒ピーターはかなりヒドイですよ(笑)
いや、黒くなる前から「オイオイそりゃあないよピーター!」と両手を広げてオーバーアクションで突っ込みたい感じなんですが。

それを引き戻す、叔母さんの一言一言がすごく良かった・・・(/_<。)
ここの家族愛はじーんと来るなぁ!血はつながってないんですよね、だって。

ハリーのピーターへの復讐心。
ピーターがマルコへ向ける復讐心。
ピーターがエディに向け、跳ね返ってくる敵意。
MJを奪われ、ピーターがハリーに向ける敵意。

相手を傷つけ自分を醜くするばかりのその連鎖を、どこで止めればいいのか?

反転<ハリーがピーターへの友情を取り戻し協力する展開は、唐突でもあるし執事それ早く言えよ!!とのツッコミもしたくはなるのですが、間違いなく熱かったです。
共闘ってなんでこんなに燃えるんだーーーー!!!!
ハリーがピーターを赦し協力することが、ピーターが自分自身とマルコを赦す最後の一押しになっている構成も上手いです。


とにかく今作、ハリーには萌えまくりました。燃え尽きました(笑)
記憶を失って、ピーターに向けるピュア笑顔。
肖像画と声だけでものすごいインパクトの父(悶)からの呪縛に苦しむ様。
そして、記憶を取り戻してからの黒ウインク。
さらに最後には・・・ってここからはネタバレなので自重。
全てがたまらない感じでした。

主人公よりも、ハリー役の人の方が日本人女性受けしそうだなぁと思うのは私だけでしょうか(笑)
とっつきやすい甘さのある顔なんですよね。可愛い・・・。

うーん、最後が萌え感想で終わってしまいました。
いやでもホント、久々にスカッとするアクション映画見られて楽しかったですv
テーマ:スパイダーマン3 - ジャンル:映画
スポンサーサイトスパイダーマン3を観て来ました~!へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトスパイダーマン3を観て来ました~!へのトラックバック
スポンサーサイトスパイダーマン3を観て来ました~!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。