FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
創世のアクエリオン第13話『一万二千年のラブレター』 
2005.07.07.Thu [ 創世のアクエリオン
今更ながら13話の感想です。
個人的にえらい盛り上がったので!!

基本、ほとんどトーマの言動にしか反応してません(きっぱり)。
そしてテンションも高いのでご注意。


*『一万二千年のラブレター』って、トーマからアポロニアスへなんじゃないのぉ?ふふっ。
・・・・なーんて思ってたら正にその通りでしたよ。むしろ期待以上。
普通の方は退くところなのかもしれませんが、そこは「ああ、堕天翅の感覚は人間とは違うのね」ということでひとつ お願い致します。


*トーマさまに押し倒されたアポロ大ピンチ。
地球を超えて宇宙規模のデートの思い出をポエム風に語るトーマ。
うわあ・・・・恥ずかしい。けど・・・・ときめくvv(←本音)
しずくに触れるトーマが可憐です。
『海神(わだつみ)の記憶』って、『くじら達の祈りの声』って、『命の樹の下で』って、主題歌かぶってるしー!!
この主題歌を上手くリンクさせてくるのには本当にやられました。
これでまた、聞く度に切なくなるよ・・・あの曲。
セリアン→アポロニアスと思わせておいて、トーマ→アポロニアスだよどう聞いても!!


*しかし、そんなこと覚えていないアポロはバロンを返せと言う。
「やはり、君の瞳に私は移っていない・・・」
せ、切ないー。と思いきや、
「悲しいものだな。かつての強敵がこれほど弱くなっているとは・・・ 決着をつける
といきなり戦闘モード(笑)
ジェラシー!?バロンへのジェラシーなのトーマさま!!


*バロン・・・
声が千葉進歩なのが素晴らしい。


*ピエールってば
かっこいいじゃないか!!
「男には・・・友の為に立たなければならない時がある」
って、自分の体験からだというのが深みがありますね。


*しかしバロンは・・・・
もう消え去ったのー!?まさかっ!!!
同時に最終結界も消え去ります。


*ものすごく「あーあやっちゃったよアポロ・・・・」という雰囲気のディーバ内。
そこに響き渡る声。
「友を思わぬ者はディーバにはいらん!!即刻立ち去れぃ!!」
うお。そっちに喝入れるんですか指令・・・(笑)!!
この人もいつも色んな意味で期待以上。


「届かぬ思いを葬るとき」
どうやら、思いを断ち切って戦う気満々ですトーマさま。
望むところだ!!
私もうじうじ引きずるよりは、ガチンコで戦いつつも心の奥底では痛みに引き裂かれてる方が好みv


*シリウスとトーマの対峙。
うーん、この二人何かありそうな予感・・・・。
あ、変な意味ではなく(笑)!!

シリウスの正体は、まだもうちょっとありそうな気がしないでもない。
『純粋な人ではない』だけで堕天翅側に転んだり・・・するのかな?


「ただ一言、私に『捧げる』と・・・」
それは・・・その言葉は、あなたがグリ○ィスだった時呟いた禁断の言葉!!!
狙ってる?狙ってるの・・・・!?(作品違います)
『我らの生命の樹』っていう言葉もちょっとひっかかります。


「こいつらは・・・俺の仲間だ!!」
と言いきるアポロ男前!!


*つぐみちゃんヤバすぎです・・・。
絶好調な麗花さんも素晴らしいですが、この辺のアクエリオンの動き凄まじくないっすか!!??
気合入ってますよ・・・感動。


*そして一万二千年のラブレターが消えたことに満足して帰るトーマ。
アポロニアスへの思いを込めた羽根は、オトハがかわしたアクエリオンの攻撃によって燃え尽きる。
トーマはその結果に満足しているようです。
なんつーか、オトハさんを尊敬します私は。・・・強かで幸せそうですよ。


「羽根があろうがあるまいが、お前はお前。それでいいさ」
アポロとシルヴィアがちょっと心を通じ合わせてて良い~vv
そのままバロンを思い出して泣きながら走りさる動物っぽいアポロも可愛い・・・。
この二人の行く末も楽しみになってきますね!!
創世のアクエリオン第13話『一万二千年のラブレター』へのコメント
   非公開コメント  
創世のアクエリオン第13話『一万二千年のラブレター』へのトラックバック
創世のアクエリオン第13話『一万二千年のラブレター』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.